プロフィール

おんとろ

Author:おんとろ
「オメーはこの現状に満足か?」

Ontology:存在論。

おんとろです
東京在住の遊戯王プレイヤーです

使用デッキ:インフェルニティ

どうぞよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日僕は

「極める」というのは、「偏る」ということだ

そんな話について少し触れました


そこで僕は

リロパについて現段階で6thまで極め、もとい、偏りました。



そんな僕ですが

秘密裏にもう一つのカテゴリも

研究していたのです。



それでは

試作段階、初号機みてもらいます



【インフェルニティ@1.0】

モンスター14

IFデーモン×3
IFネクロマンサー×3
IFビートル×3
IFリベンジャー
IFミラージュ
ダークグレファー×2
ヘルウェイパトロール


魔法8

ZEROMAX×3
IFガン
死者蘇生
141
おろかな埋葬
増援


罠18

IFインフェルノ×3
IFバリア×2
IFブレイク×2
奈落×2
脱出装置×2
宣告
警告
賄賂×2
リビングデッド×2
転生の予言





〈戦術〉

1 インフェルノ、ダグレ、おろまい等で
IFパーツを落としていく

2 そして蘇生カードの、ガンネクロマンサーミラージュリビデ死者蘇生等で
落としたIFパーツを釣り上げる

3 シンクロメタビート。





〈リロパとの違い〉

正直ガラリと違います

採用罠は少し近いものがありますが
その戦術、プレイング、構築全てにおいて

似ているとは言い難いです

僕が現時点で思う共通点は二つ。

1 IF罠を有効活用していく点
2 同じようなシンクロモンスターで
相手の行動を阻害していく点。オーガやスタダ。


本当にこのぐらいです

さらに、この二つはリロパにおいて
かなりの強みです

それがこの【インフェルニティ】では
より連発しやすい構築になっています



〈長所・短所〉

インフェルノの採用で手札のカード全てが捨てれる弾として
活用出来るので、腐る、事故る、などの解消が容易。

簡単に回り出す(数ターン目で回るのはザラ)のに、
回りが終了した頃にはトリシュやオーガなどの
大型シンクロモンスターとIF罠が並ぶ。

こんなに、コンボデッキなのに
阻害罠を大量投入出来るので相手の妨害、
始動までの時間稼ぎが容易。


短所はインフェルノを引いてないときに
蘇生カードばかり、墓地肥やしカードばかりを
引いてしまうと何もできないことです


ですが、ここまで墓地肥やし、蘇生カード入れているから
どちらか一枚ずつでも揃えば回るので
その状態になるのは稀であり、
その膠着を崩すのも容易です。









この型は

基本的な【インフェルニティ】と同じなのか違うのかは
分かりませんが、

なかなか強く仕上げられたと思います。

それでは。







今更ながら



えー、

書き溜めが終わりました。


今更ながら自己紹介させていただきます。




はじめまして

おんとろです
どうぞよろしく!


遊戯王関連、主にインフェルニティ、主にリロパについて


垂らしていくつもりです



それでは。





リロパ 解説 構築論







さて今回は

リロパについて
深く潜っていきたいと思います





【リロパ@6th】

モンスター9

リローダー×3
デーモン×3
ネクロマンサー
トマト
リベンジャー


魔法10

サイクロン×2
魔導師の力×2
ガン
増援
魔導書整理×3
死者への供物


罠21

バリア×3
ブレイク×2
ミラフォ
幽閉×3
奈落×2
脱出×3
リィン×3
転生の予言
賄賂×2
宣告






僕がリロパを組む上で常に考えていることを解説します



何を考えているかというと
「ラクダやアルテミスとの差別化」です


これは本当に重要なコトだと思います


いつも口を酸っぱくして言っているのは理由があるのです。



はじめに

リロパとラクダアルテミスパーミの違いで、デメリットなものから



〈デメリット〉


・ライフコストがどんどん削られていく。
・上記故に、神宣神警を早計にホイホイ入れられない。
・上記故に、一撃喰らうだけでも窮地に立たされることもある。

・ハンドレス状態が前提。
・上記故に、手札にモンスター多いと詰む。簡潔に、事故が多い。
・上記故に、手札にカードを温存していけない、できない。簡潔に、自分の防御壁は場の最大五枚のみ。
・ハンドレスが好ましいので、モンスター投入枚数が少ない。故に、自分のモンスターを捌かれた場合、かなり厳しい。







ざっとこんなものですかね

これだけみると、リローダーはラクダアルテミスの劣化なの?、という気がするのですが、

それは早計です



では

メリットを





〈メリット〉


・トップからの爆発力は比較にならない。デーモンもしくはデーモンを蘇生するカードを引くことで、モンスターも防御壁も厚くなる。

・ハンドレスにしたい、それを逆手にとり死者の供物をデメリットを気にせずに発動可能。実際、リローダーを二体並べた時、一体しか効果を発動しないことも多い。

・リローダーの出しやすさ(リローダー増援リィンで七枚)、蘇生のしやすさ(ガン、ネクマ)。更に、出したい時、蘇生したい時、どちらもデーモンで解決出来る。故に実質、出したい支援10枚、蘇生したい支援5枚となる。

・アルテミスとは違って奈落にかからず、ラクダより約二倍ほど攻撃力が高い。

・ラクダとは違って、一々召喚反応系(警告宣告激流など)にビビらなくて済む。

・優秀なカウンター,フリーチェーン罠である「バリア」「ブレイク」を使用、また、サーチ出来る。

・ラクダアルテミスパーミとは違い、シンクロを組み入れているので、「オーガドラグーン」「スタダ」などの妨害型モンスターが出る。





こんなところです。



メリットがデメリットを補い、余るくらい素晴らしいですね。





リロパーさん(リロパを使う者)は
是非これらを考えて

構築をしてみてくださいね








極める=偏る






インフェルノ型リロパしてみたんですが
中途半端だったので、

リロパはリロパとして
インフェルノ型はインフェルノ型として

二つもテーマを入れるのではなく
一つに固執していきたいとおもいます


さて

ではレシピです


【リロパ@6th】

モンスター9

リローダー×3
デーモン×3
ネクロマンサー
トマト
リベンジャー


魔法10

サイクロン×2
魔導師の力×2
ガン
増援
魔導書整理×3
死者への供物


罠21

バリア×3
ブレイク×2
ミラフォ
幽閉×3
奈落×2
脱出×3
リィン×3
転生の予言
賄賂×2
宣告





とりあえずリローダー出す手段を豊富にして
リローダーが出た後、どう回して、どうアドバンテージをとって

どうラクダやアルテミスと差別化を図るかを考えた結果です




メタビインフ リローダーインフェルノ





息抜きに大きく改築


【リローダーインフェルノ】


モンスター11

リローダー×2
デーモン×3
ネクロマンサー×2
トマト
リベンジャー
ミラージュ

魔法8

サイクロン×2
ガン
蘇生
おろまい
魔導書整理×3


罠21

バリア×3
ブレイク×3
インフェルノ×2
ミラフォ
幽閉×2
奈落×2
脱出×3
リィン×2
転生の予言
賄賂×2






〈特徴〉

・インフェルノの投入で事故率の低下。

・圧倒的シンクロのしやすさに加え、ミラージュガンを絡めて
有能インフ罠のサーチが容易。
これにより、オーガやスタダとインフ罠の鉄壁の状況に。

・トップ解決力が高い。墓地落とし系が多いため、デーモンか、蘇生系を
引くだけでガン回る。ガンだけに。

・インフェルノやおろまい絡めた墓地インフをやるまではリローダーでネチネチと
嫌がらせをしつつ、アドバンテージを稼げる。







| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。