プロフィール

おんとろ

Author:おんとろ
「オメーはこの現状に満足か?」

Ontology:存在論。

おんとろです
東京在住の遊戯王プレイヤーです

使用デッキ:インフェルニティ

どうぞよろしくお願いします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堅実こそ、至高。そうは思わんかね?






【リロパ@7th】

モンスター9

リローダー×3
デーモン×3
ネクロマンサー×2
リベンジャー


魔法11

サイクロン×2
141
墓穴の道連れ
ガン
増援
死者蘇生
魔導書整理×3
死者への供物


罠20

バリア×3
ブレイク
ミラフォ
幽閉×3
奈落×2
脱出×3
リィン×3
転生の予言
賄賂×2
宣告





さて

リロパの話になります


今までリロパの更新遅かったのは構築が安定していて

変えてなかったのでネタがなかったのですw


ですが、まぁ更新しないのはアカン(´Д` )って思ったので

短めですが少しどんな回りをするかでも具体的に。



初手

魔導書、リローダー、魔法罠4枚


魔導書発動しつつ、一ターン目からリローダー効果を発動できる。

更に、上から三枚のうちどれか手札に加えつつ

次のターンもまたトップ操作していけます。








リローダー、トップデーモン


デーモン効果でリベンジャーサーチ、

リベンジ召喚、リローダーで1ドロー、リベンジとリローダーでミュラーして1ドロー。




結果的に2ドローでしゅー。

あんま強くないけど、ブリュ作りたかったり、蘇生ガン握っていてたりすると

なかなか強力な回りだと思うちょります。





リローダー、リローダー、リローダー、ネクロマンサー



リローダー×3でドロー無双。

そしてギャラクシーBBAにxyz。

効果起動。

落ちたリローダーネクロマンサーで拾って更にドロー。




まぁあれです


場埋まってきたら、って感じです


さらにドローしていきたかったらGラットでもいいと思いマウス(全力)





細かいとこでは、



墓穴ガン141のいづれかを握っておくだけで

リローダー効果を躊躇なく使えること。





転生の予言握ってると

・相手の蘇生、リビデを不発に出来る

・バリアやブレイクが切れた時は回収出来る

・トップデーモン効果にチェーンで、ガン回収←これ重要



賄賂は、たまにするグルグルの時に安心できますから。

あとバリアないときの大嵐殺し。






とりあえずこんなんで。

質問とかしてくれたら解答します。
ま、この記事需要ないですけどね\(^q^)/




それでは~



スポンサーサイト

強靱! 無敵! 最強!!!

ふぅん!






【海馬瀬人】


モンスター 18

嫁×3
ダイヤモンドドラゴン
復讐のソードストーカー
ブラッドヴォルス×2
ランプの魔精・ラ・ジーン×2
ガーゴイル
ガーゴイルパワード
カイザーシーホース×2
闇・道化師のサギー
ドル・ドラ
ミノタウルス
破壊神 ヴァサーゴ
ブレイドナイト


魔法 13

次元融合
強欲な壺
死者蘇生
巨大化
守備封じ
黙する死者
エネミーコントローラ!
収縮
滅びの爆裂疾風弾
古のルール
召喚師のスキル
龍の鏡
闇の誘惑


罠 9

クローン複製
死デッキウイルス
破壊輪
攻撃の無力化
異次元からの帰還
闇の呪縛
凡人の施し×3









リロパは7thで落ち着いてる感じかな

ファンデッキ楽しいw



7th





【リロパ@7th】

モンスター9

リローダー×3
デーモン×3
ネクロマンサー×2
リベンジャー


魔法11

サイクロン×2
141
墓穴の道連れ
ガン
増援
死者蘇生
魔導書整理×3
死者への供物


罠20

バリア×3
ブレイク
ミラフォ
幽閉×3
奈落×2
脱出×3
リィン×3
転生の予言
賄賂×2
宣告



〈6thとの変更点〉

out
ブレイク、キラートマト、魔導師の力×2

in
ネクロマンサー、141、墓穴の道連れ、死者蘇生





〈7thとは〉   ~7th誕生秘話~



はじめに少々前置きを。

僕は、メタビが好きで【リロパ】を使っているのではありません。

僕は、バックが厚く、展開できるデッキが好きで【リロパ】を使っているのです。



さて、本題に入ります

今回四枚もの変更をした7thですが、
煮詰めたデッキの上での四枚の変更は、そのデッキの顔をガラリと変えます。


そもそも、何故変更をしたのか、そこから解説をしていきます。

6thにはある欠点がありました。
その欠点とは
    「事故への対処が不可能」
ということです。

【リロパ】には(というか現存する全てのデッキには)幾つかの事故があります。

【リロパ】では

・モンスターを引かない
・除去魔法罠を引かない
などがあります。

そしてその中でも一番悲惨なのが、


  モ ン ス タ ー ば か り 引 く


これにつきます。

IF関連のカードはほぼ全て腐り、本来なら強力なモンスターであるのに、やむをえず伏せてただの壁として、時を凌ぐ。

そして、何ターンも使って手札のモンスターをやっと切れさせた、と思ったらモンスターをドローしてしまう。

実はこんなことが多々あったのです。

それでも、僕はそのことを軽視していました。

「事故らないデッキなんてない。」

そんな風に。

手札のせいにして。
カットのせいにして。
そして、
カードのせいにして。

軽視というよりは、逃避に近かったかもしれません。


6thでは、手札を切る要素はガン一枚のみ。しかもガンはIFモンスターしか切れない。

モンスター引きすぎ事故には対処できなかったのです。

それが、6thの欠点でした。


目の前の事故から目を逸らしていた僕が、どうしていきなり直視できたのか。

どんな心境、思想の変化があったのか。

それは、決闘者にとって、とても大事な、それでいて簡単なことでした。






デッキを、カード達を、信じるコト。






直後、
僕は閃きました。



"モンスターを引きすぎているという事故。
確かにそれは悲惨だ。
だが、それら全部を切り終えた後はチャンス、真の「俺のターン」が来るのではないか……?"



その考えが生まれてからは比較的簡単に改築が出来ました。


墓地にIFカード、手札は0でないと発動できないというキツイ条件を持ちつつも、2積み故に事故要因となっていたインフェルニティ・ブレイク。

バックを圧迫する上、シンクロなどで打点を上げた後は要らない魔導師の力。

序盤こそ活躍するものの、終盤や、リローダードローで引いてもなにも広がらないキラートマト。


彼らが
すんなりと抜けてった。


そして、

手札を切りつつもリローダーやリベンジャーをその場相応に呼べる141。

相手の手札を確認、さらにハンデス、そのうえ自分の手札を切りつつ、1ドローできる墓穴の道連れ。


真の「俺のターン」へ向けて、
蘇生手段が欲しくなった僕はネクロマンサーと死者蘇生を投入。

以前では腐っていたようなカードも、手札を切れるカードをいれることで輝いた。


結果、
事故は格段に減り

前置きで触れた
「バックが厚く、展開できるデッキ」へと変貌を遂げました。


打点の低さはシンクロすることでカバーでき、自分の展開時の妨害はカウンター罠で止めることができる。

そうして【リロパ】と【インフェルニティ】の共存を可能にしたのです。
ハイブリッドです。


ちなみに、クェーサーを出せる状況がちょくちょくきますw

いや、出しませんよ?



〈7thのこれから〉

デーモンの枚数や転生の予言がどうなのかを検討していきたいと思います。

おろかな埋葬いれてみたいんですが、入れたらリロパと呼べなくなる気がして怖いです。





これで7th考察終わります。
長々と見てくださりありがとうございました。

あと
ドラクエの"かしこさ"ってなんなん?




リロパ ONTOLOGY 弍



リロパにおいて

採用されているカードのONTOLOGY、すなわち存在論について
考察していきます



今回の標的は
〈インフェルニティ・デーモン〉

一時期バカ高かったモンスターです



では 早速


《インフェルニティ・デーモン/Infernity Archfiend》 
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1800/守1200
自分の手札が0枚の場合にこのカードをドローした時、
このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
また、このカードが特殊召喚に成功した時、自分の手札が0枚の場合、
デッキから「インフェルニティ」と名のついたカード1枚を
手札に加える事ができる。




〈長所〉
・ハンドレス時にssすることで
IF魔法罠をサーチできる。
・同様にネクロマンサーリベンジャーリローダーでもできる。
・トップで引いたら爆発力は計り知れない。
パーミッションとは思えない。
・バリアの発動条件を満たせる。
・蘇生させるだけで火力が上がり、バックが厚くなる。



〈短所〉
・初手やハンド持ちの時に引いたら
ただの1800モンスター。
・リローダーで引いても効果は発動されない。その上、手札でお荷物となる。



〈俺流〉
俺はリベンジャー入れてるので
リベンジャーとシンクロさせて
マジカルAndroidでライフコストの負担を軽くすることもできる
また、超司書さんも出せる




純インフェルニティではを誇り、

リロパでも活躍が期待できるモンスター。

必要度は★★★★☆






リロパ ONTOLOGY 壱


リロパにおいて

採用されているカードのONTOLOGY、すなわち存在論について
考察します



まず
現在のレシピから




【リロパ@6th】

モンスター9

リローダー×3
デーモン×3
ネクロマンサー
トマト
リベンジャー


魔法10

サイクロン×2
魔導師の力×2
ガン
増援
魔導書整理×3
死者への供物


罠21

バリア×3
ブレイク×2
ミラフォ
幽閉×3
奈落×2
脱出×3
リィン×3
転生の予言
賄賂×2
宣告




相変わらずまだ6thです

なんとなく落ち着いてきたので
とりあえずこれで回してます



さて

今回の標的は


〈インフェルニティ・リローダー〉です



早速いきましょう


〈インフェルニティ・リローダー〉

効果モンスター
星1/闇属性/戦士族/攻 900/守 0
自分の手札が0枚の場合、
1ターンに1度、自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。
この効果でドローしたカードをお互いに確認し、
モンスターカードだった場合、
そのモンスターのレベル×200ポイントダメージを相手ライフに与える。
魔法・罠カードだった場合、自分は500ポイントダメージを受ける。



【リロパ】においては最重要ともいえるモンスターです

というか【リロパ】はこいつを活用するデッキです


だから言わずもがなという気がしますが一応。



〈長所〉
・一ドローできる。
・インフェルニティバリアの発動条件を満たせる。
・リィンや増援でのサーチ、リクルートが可能。
・トマトやデーモンでのサーチ、リクルートが可能。
・ネクロマンサーやIFガンなどの専用蘇生サポートで蘇生が可能。


〈短所〉
・常にハンドレスを意識しなければならない。
・攻撃力が低い。
・効果の発動後、ライフが削れる。



というか

こいつの長所や短所は実質的に
リロパの長所や短所であるので、


「リロパ 解説 構築理論」でまとめたような
話になりますね



では一風変わった視点で


〈俺流活用〉
・IFリベンジャーとシンクロでフォミュラ。
チェインでトップ操作後なら意図的にトップデーモンが可能。
・レベル1故に、後々のシンクロ時にレベル調整が容易。
・相手プレイヤーにリローダーに敏感にさせることで
リローダーに大物罠(警告や激流など)を使わせて
その後の蘇生や展開での妨害を減らすための誘導が可能。
これはプレイングがかなり影響される。





こんなところです

こいつの長所短所特徴を十分理解して使うと
また違う視点で構築やプレイングができると思います






このカードはリロパにおいては

必須カードです
必要度は★★★★★










| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。